14degrees off the beaten track
HOME | 旅のあらまし | ルート | ブログ | 写真集 | 動画 | 装備 | FAQ | リンク集 | 連絡 | ユウラシア大陸14・amp;#12398;旅の英語版
第10日目 - チェンジュ市から龍仁市(ヨンイン市)まで(日本語要約)
July 31st, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 韓国

Today’s Distance / 今日の走行距離:91.07km
Time on bike / 走行時間:5h 16m
Average speed / 平均速度:17.2km/h
Total distance to date / 現在までの積算距離:518.5km
Money used / 予算使用:40,000KRW (4,800JPY)

日本語要約:今日の主役はアイスでした。僕はもともとお菓子を食べる習慣はなかったんですよ。いやっ、本当に。しかし今日分かったのは、食事の間に甘いものを食べたらよく漕げるということでした。一つ忠告はありますけどね。甘いものをたくさん食べると頭が若干おかしくなります。今日漕ぎながらいくつかの歌を大声で歌っていました。ま、外国人ですから、周りの韓国人は許してくれるでしょう。 

I’ve worked it out. The answer to it all lies in one thing.

Icecream.

And other sweet things like Gatorade and more icecreams. You see, I never was one to eat snacks between meals. While in Japan, even if I was given cake or other snacks, they would end up going off in my fridge. I never got around to eating them. Now I realise the truth in my mentor David’s words that sweet things are good (David was a fellow workmate who worked wonders in trying to fatten me up before leaving on the adventure).

I find now that if I have two or three sweet icecreams between my main meals, my body is much happier. Mentally it is much better also. It also takes time to eat an icecream. This gives me a chance to sit down in the shade and cool off for a few minutes before carrying on. Getting on the road by 6:30am each day makes a huge difference also.

I am of course talking about distance. I guess my body is getting used to the weight of the bike over the past ten days, but I am getting some much more reasonable distances under my belt.

Along with distance is time. I can stay on the road for longer. This does however lead to other problems such as ‘ashphalt syndrome’. This is a term that I have coined, however I believe that with the proper research it will soon be proven to be a true and proper phenomenom. That is, when one is subjected to long hours on a strange contraption that allows you to lie back and relax while pedalling, one becomes quite stark raving mad. I offer the following evidence to back up my theory:

  • Songs sung today in a very loud voice (about half an hour per song)
    - I Will Survive
    - It’s a Long Way to Tipareri
    - There’s a Hole in Me Bucket (note the ‘me’ rather than ‘my’)
  • Accent immitations attempted (also in a very loud voice)
    - Most of the characters from the movies Lock Stock and Two Smoking Barrels and Snatch. My favourite was Hatchet Harry’s henchman along with the bad guy with the pigs out of Snatch.
    - Much time was spent perfecting my Scottish accent, with particular emphasis on the ‘r’ sound.

Perhaps this also has something to do with the number of icecreams I consumed today. It may however be just due to the joy I felt after not dying in the freakiest tunnel known to man:

Want a heart stopping thrill ride? / バンジージャンプより怖い

 Oh man that was a thriller.

   permalink   6通のコメントあ?

第9日目 - 報恩市から羹市まで
July 30th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 韓国

Today’s Distance / 今日の走行距離:93.45km
Time on bike / 走行時間:5h 55m
Average speed / 平均速度:15.7km/h
Total distance to date / 現在までの積算距離:427.4km
Money used / 予算使用:44,000KRW (5,300JPY)

1日休みを取ったから今日はリフレッシュな気分で走れるはずでしたが、朝から暑くて厳しい1日となりました。

モテルを出たのは朝7時半。韓国のアルプスを越さなければ行けないことはすでに知っていたので、ちょっとした緊張を感じながらペダルを踏みました(押しました?)。しかし今日は旅の今まで一番きれいな景色を経験することができました。高度は大したことないが、韓国のアルプスの景色はたいへんナチュラルな感じです。山と川はあまり人の手がつけていない状態で、背の低い松が主な植物のようです。私が選んだルートは昨日と同じで、25号線でした。今日もあまり車がいなくて、小さな村しかなかったので、暑さ以外は気持ちよく走れました。

Lock me up officer / 逮捕してください

主な峠は3つありました。最初の峠は朝9時ごろに越しましたのでそこまで暑さは感じませんでした。それでも峠の上でシャツをしぼれば汗がドサッとたれました。一番苦しかった峠は報恩市(ボエン市)から今泊まっている羹市(チェオンジュ市)境界戦にある峠でした。わずかの380mの高度でしたが、太陽の暑さと風のなさに,あの坂の厳しさ。シャツが汗でびっしょりなのに、その汗そのものが暑い。もうこれを耐え切れたらなんでもできると思いました。峠の上で普通の値段の何倍もするポカリスエットの缶を3本飲んで、峠のところにいた家族にもらったスイカを食べてから羹市までの長いくだりを楽しみました。

Korean mountains / 韓国の山

今日も怪しいラブホテルに泊まっています。シャワー室付きの部屋は一人だったら25,000KRWでとてもリーズナブル。自転車も部屋の中におけるので一安心。旅の前は「宿泊は基本的に野宿だ」と言っていましたが、なかなかそういかない。でもま、先が長いので、なれるまではしばらく楽にしてもいいかな・・・

Cruisin' / ゆっくりと

Weeee!

Peppers / トウガラシ

   permalink   この記事についてコメントを書く

第8日目 - セオンジュ市での休日(日本語要約)
July 29th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 韓国

Today’s Distance / 今日の走行距離:11.10km
Time on bike / 走行時間:40m
Average speed / 平均速度:16.6km/h
Total distance to date / 現在までの積算距離:334.0km
Money used / 予算使用:8,000KRW (964JPY)

日本語要約:今日のメーンイベントは自転車博物館でした。自転車の利用者がほとんどいない町にこんな立派な博物館がなぜあるのかよくわかりませんが、リカンベントを含めて珍しい自転車がいっぱいありました。全部の写真は写真集へ。

I liked this town so much that I decided to take a day off here. The main event was the local Bicycle Museum. It is about 5km out of town, but they have a cycle path running from town right to the front gate of the museum. Did I mention that this town is friendly to cyclists? It is very friendly to cyclists. Pity that that fact has made no impression on the use of cycles. In total I have seen two cyclists in this city…

Anyway, there were many weird and wonderful cycles at the museum. There were also ones you could take for rides in the car park. Most were in disrepair. But that did not deter the many children visiting today to drag their parents over to the tandems and order them to take them for a ride. It just reminds me how much joy such a simple machine as a bicycle brings. By the way, when was the last time you rode double with someone? You know, your friend pedals while you hold on for dear life, sitting on the rickety carrier. I have decided that even grown-ups need to ride double sometimes…the kids were loving it. For all the bike photos, check out my flickr.com account.

Green Machine / グリーンマシン

Other than that, due to the rain I have just been hanging out in my motel room doing some handwashing of clothes. Tomorrow will be another early start with a big climb over the alps to start the day.

   permalink   8通のコメントあ?

第7日目 - タエグ市からサングジュ市まで
July 28th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー

Today’s Distance / 今日の走行距離:98.70km
Time on bike / 走行時間:5h 55m
Average speed / 平均速度:16.6km/h
Total distance to date / 現在までの積算距離:322.9km
Money used / 予算使用:67,000KRW

計画どおり、今朝は5時半におきました。モテルを出たのは6時半。最初のチャレンジはまずタエグ市を出ることでしたが、それだけで3時間かかりました。遠回りを何回した後、やっと25号線の始まりに着きました。昨日と同じように朝ご飯は出発して2時間ほど後でした。本当は出発前に食べたいが、前日の夜に次の朝の糧を買うのをいつも忘れるものですよ。今後は忘れないようにがんばろう。

そしてまた予定どおりに、11時ごろにちょうど良い休む場所(パゴダ)を見つけて1時間半ほど横になりました。その充電の元で結局100km近く走行ができました。それと今日の道路はとてもよかったです。路面が平らで、車がほとんどなかった。自分のために道路が作られたような感じでした。

Lunch (see sunglasses for scale) / 昼ご飯(とても大きなお盤でございます)

それで今はサングジュ市のモテルにいます。ちょうど町に着いたとたんに夕立と雷が始まったのでキャンプをやめました。そしてこの町は間違えなく韓国の一番フレンドリーな町です。韓国でのハイライトになりそう。第一印象はいくつか:高校生が多い、からあげ屋さん(フライドチキン)が多い、自転車にやさしい(自転車博物館がある、自転車専用の道路が設けている)。ここに二泊泊まることにしました。

Dinner - Bibinba / よるご飯(石焼きビビンバ)

Fried chiken bonanza / フライド チキン!

Fried chiken bonanza / フライド チキン!

Very friendly locals / とてもフレンドリーな人たち

   permalink   1通のコメントあ?

第6日目 - 慶州市からタエグ市まで(日本語要約)
July 27th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー

Today’s Distance / 今日の走行距離:About 70km
Time on bike / 走行時間
Average speed / 平均速度
Total distance to date / 現在までの積算距離
Money used / 予算使用:39,000KRW (NZ$65, US$41)

日本語要約:昨日と全く違って、今日は猛暑でした。日焼けして、今はひりひり中。走行データはまた後日にアップします(ネットカフェに持ってくるのを忘れました)。今日決心したのは、早く起きて、早く走り出すことです。とにかく昼が暑いので、朝6時から10時ごろまで走って、2時まで休んで、5時まで走る。こういうふうに明日からやってみようかなと思っています。

 I forgot to bring my bike computer to the net cafe so the stats will have to wait for antother day. And I am surrounded by gunfire. I’m note sure what the game is that everyone is playing, but obviously noone has discovered headphones at net cafes here.

 It has been two days of extremes. Yesterday I was wet to the bone, today I am burnt to a crisp. Left the guest house at about 9:30am after numerous photos with the other guests, and proceeded to have a very fruitful morning worth of riding. I was riding on the very generous shoulder of a highway for the whole day, which was quite alright with me. Good smooth riding with gentle ups and sweet downs. Twas very hot and I didn’t choose to apply sun block. Very dumb idea. I also did not rinse my shirt out well enough after hand washing it yesterday. Therefore I am also spotted Rob in addition to being baked Rob.

Very burnt / 焼けているとです。

I was riding very well till about 2pm when my body simply succumed to the heat. I had a very long break in the shade next to a service station where I was given a free iceblock and some biscuits, after which I continued my slog onwards towards Daegu City.

Friendly service station chap, Mr Kong. Leaves in October for military service.

In no mood to set up camp in the heat, I headed to the Daegu train station information booth where I was quickly told by the lady at the counter that “I don’t speak English”. Uh oh. “I only speak Japanese”. Then speak away, I said, and was promptly offered a full recount of the history of Daegu before I could get a word in edgewise and ask about a youth hostel. “Nearest youth hostel is 50 minutes by bus up a very large hill”. OK, so what else is there? “Many motels down the street. Ask around and you will get a good price”.

I went into the first motel I could find and was shown a room for 25,000KRW a night. In no mood to look around for somewhere cheaper, I took the room. It has a condom dispenser on the wall just as you walk in the door. A guy downstairs asked me if I had a girl for tonight. Hmmmm. I get the feeling its not often that just one person stays in a room at this motel…

Dodgy random motel / ちょっと怪し気なモテル

 Great news for the day is that I can withdraw cash from my Visa card from most convenience store ATMs.

I was a good boy and took more photos today. Mouse over for description.

Creepy crawlies / 虫達

Korean roof / 韓国の屋根

I look like this / こんな感じです

   permalink   3通のコメントあ?

第5日目 - 蔚山市から慶州市(キョンジュ)まで
July 26th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー

Today’s Distance / 今日の走行距離:28.94km
Time on bike / 走行時間:1h 56m
Average speed / 平均速度:14.9km/h
Total distance to date / 現在までの積算距離:155.8km
Money used / 予算使用:29,600KRW(3,600円)

確かに昨日のブログでは「今日のキャンプサイトが最高」と書いたと思いますが、途中からの天気は残念ながらそうではなかった。土砂降りでした。生憎の雨は朝、そして一日中強く降っていました。以下の写真で分かると思いますが、近くの川が雨で濃い茶色になりました。夕べに向こう側の河原でテントを張って泊まってた2人は朝になったらいませんでした。テントが張っていたところはもう完全に水につかっている・・・流されたのか・・・

Yesterday / 昨日
Washing me and my clothes / 服と自分を洗う

Today / 今日
See how the colour of the river has changed? / 川の色が・・・

結局夕べのキャンプサイト(屋根つきパゴダ)を出たのは朝10:30でした。もう、一日ここに居ようやという考えもしましたが、結局でることにしました。10時半ごろはもう小雨だったし。

向かったのは一応30km先の慶州市でした。それでそこに泊まることにしました。疲れ的には、前に進んでも全然平気でしたが、雨がとにかくひどかった。カッパの調整が悪かったかのか、どんなカッパを着てもどうしようもなかったのか分かりませんが、慶州市に着いたらもうずぶ濡れ。観光案内所に行ったらキレイな民宿(guest house)を案内してくれました。値段は一泊20,000KRWで予算オーバーだけど、ま、しょうがない。韓国の昔の家です。塀に囲まれていて、真ん中にちょっとした広場があります。明日の天気が良ければ一泊だけにするつもりです。

Put your hand up if you're soaked / ずぶ濡れの人、手上げて!・・・は~い!

全体的には、期待していた走行のペースはできていないことはちょっと気になります。特に気になるのは季節です。寒い天候が来る前に中央アジアを通らないととても厳しい目にあうはずです。1ヶ月間の身体の調子を読みながら様子を良く見ないといけません。

   permalink   3通のコメントあ?

第4日目 - ジンハビーチから蔚山市(ウルサン)まで(日本語要約)
July 26th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー

Today’s Distance / 今日の走行距離:51.70km
Time on bike / 走行時間:3h 26m
Average speed / 平均速度:15km/h
Total distance to date / 現在までの積算距離:126.9km
Money used / 予算使用:12,000KRW(1,460円)

日本語要約:オンサン市の巨大な工業団地と空気汚染を後にし、蔚山へと向かいました。蔚山に無事に着きましたが、出るのが大変でした。とにかく車が多くて、高速道路みたいなところを一日中走っていました。道の横が広かったのでそれほど怖くはなかったけど、うるさくて、楽しくはありませんでした。今日のキャンプサイトが最高。川がそばにあって、屋根つきのパゴダの下にテントを張りました。現地の人から自分の家に泊まっていいとの誘いがありましたが、まだ自分のスペースが必要と感じ、断りました。ちょっとだけ後悔の気分。

I woke up rearing to go this morning, so did about 20km before breakfast. Those 20km would take me through the most polluted area of Korea that I have seen so far. Acres upon acres of factories and heavy industry blew out masses of steam and other, nastier substances into the atmosphere. Smells included pesticides, solvents, and the smell you get when grinding steel.

After getting just far enough away from the greenhouse zone, I stopped for breakfast (Korean style rice balls). It was here that I had a snooze for about 30mins before continuing on.

Today I realised just how hopeless the Tourist’s Map of Korea that I have is (no offence to Hyun-ju who bought the map for me). The scale is just too big, and doesn’t give me a good idea of secondary roads. I was on near-expressway like roads all day today, and it wasn’t much like fun. I guess the upside is that the uphills are all much more gradual.

Getting out of Ulsan City was a nightmare. All the roads were very busy and did not have pedestrian crossings. I had to be rather assertive in my manuvering through traffic, The bonus with this bike is that it draws attention and drivers are more inclined to slow down and trail me just to have a gawk.

My campsite today couldn’t be better. Great view, river nearby (washed me and my clothes in it), and a convenient pagoda with raised floor on which to pitch my tent. It even has a roof, so even though it is raining my tent doesn’t get wet.

Washing me and my clothes / 服と自分を洗う

Today also included a two hour netcafe stint to upload photos and blog entries. Three days worth to be exact.

Weather is fantastic. Upper 20s to low 30s, but not at all humid.

   permalink   この記事についてコメントを書く

第3日目 - プサンからジンハ・ビーチまで
July 24th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 韓国

Distance / 走行距離:50.33km
Time on bike / 走行時間 : 3h 45m
Average speed / 平均速度:13.4m/h
Total distance / 現在までの積算距離:75.2km

7時半に起きたときに、気持ちが重かった。プサンという巨大な町に囲まれて、旅は想像していたカたちとは違う。もっと自由に走りたいのに信号機、交差点、車・・・一方今までにない恐怖感、不安もある。プサンから出たいが、出発の準備をしても何もわくわく感もない。ま、今日はとにかくちょっとだけでいいから走りましょうと、思い切って決意をしました。

それで結局50km走れました。本調子ではないが、まず最初のほうはゆっくりと。プサンを後にするために2時間強かかりました。自転車が珍しいから車道に走っても車が十分注意(興味)を払って横に通ってくれる。

Apparently I looked cool / あなたが格好いい、ということで写真を一緒に撮らせてくださいとのことでした。

朝に出たときにウルサン市まででも走ろうかと思っていましたが、そうすると無理してしまうということがすぐにわかりました。12時ごろ、体がもう限界だと言っていました。午後1時になったらもうホテルを探し出して泊まろうかと思っていたが、なかなかホテルをどうやってみつけるか、わからなくて、野宿することにしました。場所は砂浜のすぐ近くの無料のキャンプ場。飲んでワイワイ言いそうな人も近くにたくさんテントを張っているから、今夜は寝れるかな・・・ちょうど今花火のパラパラの音が聞こえている。韓国の夏休みだ。

Second night's camp spot / 2日目のキャンプ場

晩ご飯はインスタントヌードル。甘口と書いてたのに辛い。

今の気持ち:なかなか良い感じ。テントという、自分の空間ができていて、ほしかったスペースがやっと得られました。

   permalink   2通のコメントあ?

第2日目 - 釜山での1日休み(英語のみ)
July 23rd, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 韓国

Today’s Distance / 今日の走行距離:12.58km
Time on bike / 走行時間:1h 11m
Average speed / 平均速度:10.6km/h
Total distance / 現在までの積算距離:20.6km

Apparently I’m biking across the continent. But it’s day two and aready I’m having a day off. I really shoud have a week off. Still feeling very jaded from the last month or so of preparations before leaving Japan. It was quite stressful in the fact that I needed to uproot my life in Japan and leave with the intention of not coming back after the trip. Sending stuff home to New Zealand, cancelling utilities, sorting out money and banking…

But I’m not going to have any more days off in this city. The dirty air is giving me coughs, the roads are noisy, there are people everywhere. Tomorrow I head to Ulsan, or at least in that direction anyway. I will follow the coast up the east of Korea, as according to the hostel owner here (I’m staying at Blue Backpackers Hostel in Pusan) you can get away with camping on the beaches. It is about 70km to Ulsan, however I would rather find a beach close-ish to the city and crash there for the night. I plan on taking it really easy for the first few weeks.

By the way, Pusan is a very hilly city. I went for a quick blat around the place today and found myself on the top of a great lumping hill. Lunch was had at a buffet all you can eat joint. Here they do buffets the real-man’s way. That is, you get your plate and fill it up not with ready to eat food, but with a selection of raw meat. This is the cooked by you at your table. Just as well grandpa owner was in a good mood and showed me what to do. The younger waitress looked in no mood to help the hapless foreign tourist.

Pusan

   permalink   この記事についてコメントを書く

第1日目 - 博多湾からプサンまで
July 22nd, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 韓国

Distance / 走行距離:7.75km
Time on bike / 走行時間:35分58秒
Average speed / 平均速度:13.0km/h
Total distance / 現在までの積算距離:7.75km
今日は複雑な思いがたくさんあります:

  • 日本を離れることについて
    寂しさが胸の中にありながら、解放感、幸福感が沸いてくる。その中にも恐怖感、緊張感もある。しかし、その全部の気持ちの裏にはもっとも強いのは単純な「早く自転車を漕いで、知らない土地に行きたい」という気持ちです。
  • 旅をはじめることについて
    旅についてまったく何もわけがわかりませんということがよくわかりました。特にお金の管理について。どうやってお金をわけて、安全に持ち歩くのか。どれくらいをいっぺん両替するのか。何とか当ててみて、それがありだと願うだけです。

Dinner with Christine, a French traveller staying at the same dinky hostel as me / 僕と同じホステルで泊まっていた、クリステーんさんというフランス人の女性。

とはいえ、その緊張感や不安にもかかわらず、一日目はうまく行きました。プサンのフェリー乗り場で日本語をしゃべってくれる案内所があって、そこで泊まるところを聞いたところ、現在は「Blue Backpackers Hostel」というユースホステルにいます。マンションの18階のアパートがホステルに改造されていて、とても狭いところですけど、2泊泊まることにしました。

今日のハペニング:
フェリーのりばに着いて、自転車と荷物の整理をしたら、タクシー運転手2人がやってきました。とてもフレンドリーな御2人でした。そこで1人はどうやら僕の水筒に興味を示していて、水筒を触っているではないか。あ、水筒に貼り付けている日本の国旗のステッカーをはがそうとしているではないか。僕は慌てて国旗が見えないように、水筒を回転させました。やはり反日感が強い韓国に着きましたなと思いました。

Japan / 日本

   permalink   1通のコメントあ?

いよいよ本番
July 21st, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備

最終準備でばたばたです。

荷物は今のところ26kgとなっています。

自転車の重さは19kgです(ボトルケージ、荷物台などを含んで)。

僕は77kgです。

次の書き込みは韓国からでしょう。

出発は明日(22日土曜日)午後12:30、福岡市博多湾の国際ターミナルからです。

ではでは。

   permalink   4通のコメントあ?

荷物の軽量化(重さとの戦い)
July 21st, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備, 装備, 軽量化

今日の重量削減: 292g
今までの削減合計: 1038g

今日は地図のサイズを小さくしました。旅で走行する予定のない地域の部分を切り除きました。これで292グラムの軽量化ができました。

今日までの重量削減はなんと1kgを超えました。これは1リットルの水と一緒だということを考えたら、大変大事な削減となるでしょう。

Maps cut / 切った地図

   permalink   1通のコメントあ?