14degrees off the beaten track
HOME | 旅のあらまし | ルート | ブログ | 写真集 | 動画 | 装備 | FAQ | リンク集 | 連絡 | ユウラシア大陸14・amp;#12398;旅の英語版
第130日目 - ブハラ(ここも雪)
November 29th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

元の計画では、今日にトルクメニスタンの国境へ向かうことになっていましたが、速いインターネットがあったし、今日雪が降っていました。明日に出ることにしました。

Typical lane in Buhara, Uzbekistan

Labi Haus, Buhara, Uzbekistan

最近サマルカンドにいたときのバザールの風景です。

Danilagar Bazaar, Samarkand, Uzbekistan

   permalink   3通のコメントあ?

第129日目 - ナヴォイ町からブハラ町まで(日本語要約)
November 28th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

日本語要約:また長い一日でした。向かい風がやめず、疲れました。しかし今日も120kmを達成。ブハラ全体は博物館のようです。

Another long day into a chilly head wind - 120km again. I do love these long straight roads though. You can just keep pedalling and pedalling and pedalling…but then it gets dark, which is rather a pain. Just when you’re getting into it at around 5pm, everthing goes dark. And an LED head torch just doesn’t cut it for illumination.

I do miss the deserted roads of Tajikistan and Kyrgyzstan. There are many people on this main road to Buhara, which means we are back to the usual business of cars slowing down (on a main highway) to trundle along beside me and shout out the window, trying to speak to me.

There is a bonus on this highway however, and that is the frequent tractor traffic. These slow beasts, hauling spent cotton plants on massive trailers, are just at the right speed that I can catch up and draft along behind them. Nice to get out of the wind and get a ‘free ride’.

Buhara is a dream. An open air museum with narrow lanes and old buildings. The B&B that I am staying at (Mubinjan B&B) is essentially a museum. 280 years old, it is maintanied by a half Tajik, half Iranian man in his 50s. He is an ex professional sprinter, who sprinted for the USSR back in the day. His career ended however when he damaged his hamstring in a start in a race. Jolly interesting bloke.

A minaret in Buhara, Uzbekistan

A door in Buhara, Uzbekistan

A lock in Buhara, Uzbekistan

Arches in Buhara, Uzbekistan

Domes in Buhara, Uzbekistan

   permalink   5通のコメントあ?

第128日目 - サマルカンドの40km先のところからナヴォイ町まで
November 27th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

朝に起きたら、温度計に氷点下3度。寒いとです。暖かいシュラフから出るのがつらかったとです。

An Uzbekistan panda, betweeen Samarakand and Buhara, Uzbekistan

道路は一日完全に平らでしたが強い向かい風があしました。それでも今日7.5時間で120kmを走ることができました。長い一日でした。

Run! Between Samarkand and Buhara, Uzbekistan

I didn’t get into Navoy until about 7pm tonight, and it was tough work to find a spot to sleep. Eventually I spied an under construction petrol station along the road. Upon investigation, I decided to set up my sleeping mat under the eaves around the back of the service station.

Thing is, I was half way through my dinner of bread, cheese, butter and raddish (I love this cold weather - I can now carry butter), when two people rounded the corner at the back of the service station. They hadn’t noticed me, and were checking some wiring, when I decided it was best to say hello.

Hello there.

A startled grunt from the bigger of the two, and then the expected “What are you doing here?”

It turned out that this was a couple that was working on the interior of the service station - a man and his wife. They had come to do a last check for the day before heading back home.

I explained that I was heading for England, and I had nowhere to stay in the town. To be honest, I was tired and would rather have slept there despite the cold (it was a relatively warm 3 degrees at that stage). However they would have none of that, and insisted that I come and stay at their place. Their logic prevailed, and I wheeled my stuff over to their place, and crashed there for the night. Of course not after entertaining them with conversation about me until about 10:30pm…shattered.

   permalink   この記事についてコメントを書く

第127日目 - サマルカンド市から40km先のところまで(日本語要約)
November 26th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

日本語要約:昼12時まで魔法瓶(?)を探していました。やはり暖かい飲み物が簡単に飲めないのはつらい。しかし、見つかれませんでした。アゼルバイジャンのバク市にあるのかな・・・サマルカンドを出たのは昼1時で、それでも気温はわずか3度でした。夜に泊まったところは古いトラックの後ろの部分でした(写真に参考)。
I spent most of the morning today searching, with the help of Kolima’s brother, for a stainless steel thermos. We searched in two bazaars, and along the streets of the center of town in Samarkand. However all we could find were cheap Chinese glass-lined thermi (?) that would last only a few hours clattering around on a bicycle. I resigned to the fact that I would not have warm tea on the bike for a while…maybe I can find one in Baku…

Leaving the Rakhimova’s place in Samarkand was tough. Out of a warm house into the chilly environment. It was about 3 degrees when I left. It only got to 5 degrees in the afternoon, and then quickly dropped below zero towards 5pm.

I was expecting dead flat roads today, however the land here is undulating hills. I tend to overheat on the uphills, and then freeze on the down hills. Problem is that the climbs and descents are too short to take the time to put on more clothes or remove clothes.

My accommodation for the night was an old steel back-of-a-truck that is obviously used by farmers during the summer. The main crops around here are cotton and other cash crops such as water melon. I guess farmers sleep out in their fields in summer to discourage people from pinching stuff…

Chilly accomodation 40km from Samarkand, Uzbekistan

Chilly accomodation 40km from Samarkand, Uzbekistan

   permalink   この記事についてコメントを書く

第126日目 - ラキモバ家族のお宅にて
November 25th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

コミラさんにありがとうございます!暖かいベッド、おいしい食事、やさしい犬・・・

Thank you to the Rakhimova family, Samarkand, Uzbekistan

Denny Rakhimova in Samarkand, Uzbekistan

パソコンを使わせていただいてありがとうございます。お陰様でタジキスタンで撮ったパノラマのいくつかを合成することができました。

Ayni, Tajikistan

Just past Ayni, Tajikistan

Near Ayni, Tajikistan

Near Penjikent, Tajikistan

   permalink   この記事についてコメントを書く

第125日目 - スリーピングマットの修理
November 24th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー

タジキスタンにいる間、ある夜にいつものように野宿しました。しかし、その夜に思わずとげの上にスリーピングマットを置きました。当然、朝になったら、マットが完全にパンクしていました。そこで、今日やっと修理をしました。その手順をここに説明します。

スリーピングマットの修理の仕方

Step one
修理キットを用意します

Thermarest repair

Step Two
パンクのところをマークします。パンクのところが目でわからなければ、マットを硬くふくらまして、水に沈ましましょう。

Thermarest repair

Step Three
ホットボンドを3分ゆでます

Thermarest repair

Step Four
ホットボンドをとって、開けて、穴があるところに万遍なく塗ります。パッチをホットボンドの上におきます。

Thermarest repair

Step Five
すぐにビニールを上において、その上に熱い鍋を60秒おきます。

Thermarest repair

Step Six
鍋を退かし、丸いものでパッチの上に転がします。

Thermarest repair

Step Seven
10分そのままマットを触らないで放置します。それで修理終了。

Thermarest repair

   permalink   この記事についてコメントを書く

第124日目 - サスペンションのサービス
November 23rd, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, リカンベント, 装備, ウズベキスタン

7000kmぶりに、リアサスペンション(DT Swiss SSD 225 air shock)のシールとグリースを交換しました。ちなみに、このサスペンションはスバラシイです。遠く走っているのに、中は一切汚れていませんでした。

Suspension in for a service after 7000km (Samarkand, Uzbekistan) / サスペンションの7000kmぶりのサービス(ウズベキスタン、サマルカンド市)

Suspension in for a service after 7000km (Samarkand, Uzbekistan) / サスペンションの7000kmぶりのサービス(ウズベキスタン、サマルカンド市)

大活躍したのはLizzard Skinのサスペンションカバーです。サスペンションを水やホコリから助けて、サスペンションのシールを保護するものです。

サスペンションをばらすのはとても簡単です。工具はほとんど要らなくて、空気を抜けた後、手でカバーをはずすことが出来ます。

Makeshift workshop in my hostel room - Samarkand, Uzbekistan / 工場兼部屋(ウズベキスタン、サマルカンド市)

   permalink   14通のコメントあ?

第122日目 - ウズベキスタンに雪?
November 21st, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

そりゃちょっと期待しなかったな・・・

IMG_1897

IMG_1890

IMG_1893

IMG_1898

まだサマルカンドにいます。トルクメニスタンのビザを待っています。24日に降りるので、あとちょっとでタシュケントに戻ります。

この一週間の天気がよくなくて、結局どこも出ていません。自転車の維持は万全ですが。自転車専門のバザールに行ったのはハイライト。

At the Danlager Bazaar, Samarkand, Uzbekistan

   permalink   2通のコメントあ?

第117日目 - タシュケントに行ってきた!
November 16th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

アップデートがおそくなりました!

この5日間ほど、ウズベキスタンの首都、タシュケントにいました。5日間でもういいです!今日サマルカンドに帰ってきました。タシュケントに行った理由は、トルクメニスタンのビザとアゼルバイジャンのビザを申請するためでした。アゼルバイジャンのビザは5日間で降りてくるが、トルクメニスタンのビザは10日間かかるので、タシュケントに10日間いるより、どこか自転車で行ったほうが面白いかなと思って、サマルカンドに戻ってきました。

自転車はもともとサマルカンドに置いていきましたので、タシュケントへ行くのも、サマルカンドに帰ってきたのも列車でした。

ちなみに、髪の毛を切りました。まえよりも、テロリストです。

The new look for Rob in Uzbekistan - just because I can / 新しいスタイル(ウズベキスタン)

   permalink   4通のコメントあ?

第111日目 - サマルカンド市
November 10th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, ウズベキスタン

シルクロードの昔の市街に到着できました。本当にすごい町並みです。きれいな水色のタイルにペルシアを思い出させるかたちの建物が目立つ。落ち着くような雰囲気。

Bring it on! Samarkand, Uzbekistan / いや、すごいんです(ウズベキスタン、サマルカンド市)

Bring it on! Samarkand, Uzbekistan / いや、すごいんです(ウズベキスタン、サマルカンド市)

Bring it on! Samarkand, Uzbekistan / いや、すごいんです(ウズベキスタン、サマルカンド市)

泊まっているのはバホデイールホステルです。きれいなホステルで、日本人もよく泊まる宿らしい。

   permalink   1通のコメントあ?