14degrees off the beaten track
HOME | 旅のあらまし | ルート | ブログ | 写真集 | 動画 | 装備 | FAQ | リンク集 | 連絡 | ユウラシア大陸14・amp;#12398;旅の英語版
第124日目 - サスペンションのサービス
November 23rd, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, リカンベント, 装備, ウズベキスタン

7000kmぶりに、リアサスペンション(DT Swiss SSD 225 air shock)のシールとグリースを交換しました。ちなみに、このサスペンションはスバラシイです。遠く走っているのに、中は一切汚れていませんでした。

Suspension in for a service after 7000km (Samarkand, Uzbekistan) / サスペンションの7000kmぶりのサービス(ウズベキスタン、サマルカンド市)

Suspension in for a service after 7000km (Samarkand, Uzbekistan) / サスペンションの7000kmぶりのサービス(ウズベキスタン、サマルカンド市)

大活躍したのはLizzard Skinのサスペンションカバーです。サスペンションを水やホコリから助けて、サスペンションのシールを保護するものです。

サスペンションをばらすのはとても簡単です。工具はほとんど要らなくて、空気を抜けた後、手でカバーをはずすことが出来ます。

Makeshift workshop in my hostel room - Samarkand, Uzbekistan / 工場兼部屋(ウズベキスタン、サマルカンド市)

   permalink   14通のコメントあ?

荷物の軽量化(重さとの戦い)
July 21st, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備, 装備, 軽量化

今日の重量削減: 292g
今までの削減合計: 1038g

今日は地図のサイズを小さくしました。旅で走行する予定のない地域の部分を切り除きました。これで292グラムの軽量化ができました。

今日までの重量削減はなんと1kgを超えました。これは1リットルの水と一緒だということを考えたら、大変大事な削減となるでしょう。

Maps cut / 切った地図

   permalink   1通のコメントあ?

収納スペースの有効利用
July 19th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備, リカンベント, 装備

リカンベントのシートの下の荷物台の間に開いているスペースがあったので、そこに道具や予備パーツを入れることにしました。青葉屋、ありがとうございます。サイドバックは両側に取り付けます。

All done / 出来上がり

All done / 出来上がり

   permalink   この記事についてコメントを書く

荷物の軽量化(重さとの戦い)
July 11th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備, 装備

今日の重さ減少: 57g
今までの減少合計: 57g

今日は二つのマルチツール(小さな道具がまとめて付いているツール)に付いているツールを一つのマルチツールから取り除く作業をしました。同じツールを二つもって行くのが重さ的に効率が悪いと思って、こんなことになりました・・・

Saving Weight / 軽量化

  

Saving Weight 2 / 軽量化 2

  

Saving Weight 3 / 軽量化 3

  

   permalink   2通のコメントあ?

サスペンションのブーツ(カバー)
April 2nd, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備, リカンベント, 装備

HPVelotechnik Street Machine GTeのスタンダードの仕組みにサスペンションが含まれて居ます(前と後ろ)。私はスタンダードのサスペンションをさらにアップグレードし、サスペンション・フォークのMeks Carbon AC(HPVelotechnik社)と後ろのDT-Swiss 225(超軽量)のリアーサスペンシンにしました。二つのサスペンションとも質が十分優れているように見えますが、やはりサスペンションというパーツは動くパーツなので、できるだけ守りたい。そこでサスペンション・ブーツ(カバー)を装着しました。

Front shock
Front fork boot II / 前のサスペンションのカバー 2

Front fork boot / 前のサスペンションのカバー

Rear shock
Rear shock boot / 後ろのサスペンションのカバー

前のブーツは特につけにくかったです。ブーツに切り目をつける必要がありました。最初につけてみたのは左側のブーツで、なかなか上手く行かず、あまりきれいに出来上がっていないけど、実用性でいうと問題ないでしょう。

サスペンシンがロンドンまでの1万2千キロを耐え切るように!

 

   permalink   この記事についてコメントを書く