14degrees off the beaten track
HOME | 旅のあらまし | ルート | ブログ | 写真集 | 動画 | 装備 | FAQ | リンク集 | 連絡 | ユウラシア大陸14・amp;#12398;旅の英語版
14度の旅の名刺
March 23rd, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備

今回旅(特にホームページ)を人に紹介するときに、やっぱり名刺があったほうがいい感じがして、作ってみました。

meishi_j

半透明名刺マルチシートに印刷しているからなかなか珍しいかなと思います。

   permalink   この記事についてコメントを書く

第5回大分チャリティーサイクリング
March 21st, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, リカンベント

この三日間(18日、19日、20日)は大分チャリティーサイクリング(大分在住のジェット参加者が企画)でした。総合距離は270kmで、ルートは大分市→蒲江町→宇目町→大分市でした。参加者数はライダー35人、ボランティア(サポート)10人。初日の天気はあいにくの雨でしたが、残りの2日間は晴れと涼しい風でした。1日目の宿泊は蒲江町マリンカルチャーセンター。2日目は宇目キャンプ村のログケビン。

今回は初めてのリカンベントでの長距離のサイクリングでした。結論を先に言うと、かなり満足です。この3日間で発見したプラスとマイナスは:

マイナス:

  1. 上り坂のときはおそい

プラス:

  1. 雨が降っても足がぬれない
  2. 向かい風の影響が少ない
  3. 腰、手首、首などの、従来の自転車なら痛くなるところは痛くならない
  4. 下り坂は楽で、コーナーリングが安定している
  5. 休憩を取るとき、自転車に乗ったままのほうが楽
  6. 本当に一日乗っても、足だけが疲れる

マイナスについてですが、これは鍛えの問題だと思います。そしてちゃんとスピニング(低いギアを選んで、ペダルの回転をたかくすること)すれば、きつくは別にない。ほかの参加者が自転車から降りて自転車を押していた坂でも僕は降りずに上れました。

ロンドンまで漕げそう。

   permalink   この記事についてコメントを書く

予想接種 ワクチンがラクチン
March 14th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 企画・準備

今日は別府市の鶴見病院に行って、予防接種を打ってもらいました。期待したよりぜんぜん痛くなかったのがビックリでした。合計で4本打たれました:

  • 破傷風
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • 狂犬病

狂犬病と破傷風は一回のみなので、後は肝炎系の追加の一本ずつと腸チフス一回で終わりです。追加の接種は4月4日にする予定です。

お医者さんはビックリするほど英語が上手かったし、たくさんの国に行ったことがある先生だったから安心しました。初めて海外に行ったのは40年前だったらしくて、しかもタンザニアという珍しい国でした。一年間滞在し、ウィルスの研究を行ったと。

今回の予防接種の値段は17850円でした。今度の腸チフスのワクチンは特別に輸入しないといけないから一本25000円なり。そりゃ痛いんです。でも確かに腸チフスをかかってしまった治療費よりずいぶん安いでしょう。

実際に注射を打った看護婦さんは両腕一本ずつとお尻2本にワクチンを打つはずだったけど、間違って片腕2本打ってしまいました。最後の一本を反対の腕に打とうとする瞬間にほかの看護婦さんに注されて、結局お尻には1本しか打っていない状態です。関係あるのかなと思いながら・・・

   permalink   2通のコメントあ?