14degrees off the beaten track
HOME | 旅のあらまし | ルート | ブログ | 写真集 | 動画 | 装備 | FAQ | リンク集 | 連絡 | ユウラシア大陸14・amp;#12398;旅の英語版
第110日目 - タジキスタン・ウズベキスタンの国境からタイラック村まで
November 9th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, タジキスタン

ウズベキスタンに入ったぜ〜!

やはり次の国に入るとなかなか気持ちがいいですよ。その最初の1時間の走行がなんとも言えない気持ちです。長い間、その国のことを調べたり、地図を見たりすることが関係すると思います。

やっとついた!という気持ちが一番強いです。

実際の国境越えの事情については、今回も賄賂を求められました。

タジキスタンの出国税関所に着たら、そこにいた入管の人はいつもと同じようにパスポートの登録をしました。そのあと、彼は「それでは、10ドルをください」とお金を求めました。

それはないだろうと僕が思って、「その10ドルは何のためですか」と僕が尋ねました。

「登録費です」と彼が答えました。

「いや、それはないでしょう。カザフスタンからキルギス、そしてキルギスからタジキスタン、その2つの国境を越えるときに一回もお金を払っていませんよ。どうしてここお金を払わなければなりませんか。」と僕が返しました。

入管のおじさんはばれたらしくて、違う戦略を試しました。

「自動車を持ちだすときに10ドルを支払う必要があります。ここに書いています。」とおじさんがバイクのところを指で指しながら言いました。

確かにそこに書いていました。

Motorcycle - Duty US$10

「おまえ、俺がやってきたのをみただろう!あれはどう見ても自転車ではないですか。お金はハ・ラ・イ・マ・セ・ン。No denge!」

(Denge = お金)

そこで入管のおじさんがあきらめて、僕をお金なしで通さしてくれました。やっぱり払わなくても大丈夫。

ウズベキスタン側には何も問題なく、無事に通りました。

泊まっているのはたまたま出逢ったナザールさんのお宅です。ウズベキスタン最高です!

Methane heating/lighting in Taylaq Village, Uzbekistan / メタンガス焜炉権灯(ウズベキスタン、タイラック村)

Crazy toothless drunk Uzbek (Taylaq Village, Uzbekistan) / クレージーな、歯のない、酔払っているウズベク人(ウズベキスタン、タイラック村)

Neighbours, friends, family - all at Nazar's place to see the foreigner (Taylaq Village, Uzbekistan) / 近所の方、友達、家族、みんな外国人を会いに、ナザールさんの家に集った(ウズベキスタン、タイラック村)

Nazar's kids (Taylaq Village, Uzubekistan) / ナザールさんの子ども(ウズベキスタン、タイラック村)

   permalink  

Comment by 山本 — 2006/11/16 Thursday @ 14:15:47 | post a comment

おひげが伸びて貫禄がつきましたね。
日本はもうこの数日でぐっと寒くなりました。
きっとそちらも寒いことと思います。
風邪を引かないようがんばってください。

それにしても、結構税金ていい加減にとられてるんだなぁ・・
負けるなロバート!

Comment by ロバート — 2006/11/21 Tuesday @ 16:48:21 | post a comment

山本さん、雪に負けそう!しかしがんばります!

双ートにメッセージを書く

* 必須項目


*


*


メッセージ: