14degrees off the beaten track
HOME | 旅のあらまし | ルート | ブログ | 写真集 | 動画 | 装備 | FAQ | リンク集 | 連絡 | ユウラシア大陸14・amp;#12398;旅の英語版
第67日目 - パミール高原:キチカラコル村(Kichi-Karakol)のちょっと先からサリタシュ町(Sari-Tash)のちょっと先まで
September 28th, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, タジキスタン

ええと〜

その山々を見てくださいよ。

Those mountains were a shock - I was headed straight for them - Sari Tash, Kyrgyzstan / 山の壁(キルギス,サリタシュ村)

その中に入っていくわけですよ。

ちょっと真剣になってきたかも。こりゃ日曜日のちょっとした「そこまでこいでみよう」のような自転車ツーリングではなくなってきました。真剣に怖くなってなってきました。

サリタシュへ下っていく峠を越えて、サリタシュに入ったとたんに思ったことです。真正面に山の壁がずら〜っと伸びていました。寒そうな、怒っているような山々。「あなたが僕らを入ろうとしたら、おまえを殺してやる」と。そう伝えている。その山たちが。

サリタシュまでに関しては、大きな峠がありました。標高3615mの峠でした。とにかく風が強くて、細かい砂があらゆる方向飛んでいました。峠の頂上までの最後の2kmの道路の路面はセメント(コンクリートの材料として用いる細かい砂)のような細かい砂でできていて、その砂にちょっとした風でも吹いていたら先が見えなくなるほど周りが真っ白になっていました。

3615m high pass before Sari-Tash, Kyrgyzstan / サリタシュ村に行く道(キルギス、3615mの峠)

そして峠を越えた!と思ったら、まだあとひとつの小さな峠がありました。今日もなかなかハードな一日でした。

Even the sealed bits had ruts! On the way to Sari-Tash, Kyrgyzstan / 一応舗装しているが。(キルギス、サリタシュ村へ向かう途中)

サリタシュでちゃんとした買い物ができます。お店(ロシア語で「マガジン」といいます)がいくつかあって、僕はコンロ用の燃料(ガソリン)、インスタントラーメン、卵、トマト、パスタ、缶詰魚などを買いました。

   permalink  

どうぞコメントを書いてください

双ートにメッセージを書く

* 必須項目


*


*


メッセージ: