14degrees off the beaten track
HOME | 旅のあらまし | ルート | ブログ | 写真集 | 動画 | 装備 | FAQ | リンク集 | 連絡 | ユウラシア大陸14・amp;#12398;旅の英語版
第30日目 - 期待していなかった峠からナラテイア町へ
August 21st, 2006 | categorizilation: 全カテゴリー, 中国

Today’s Distance / 今日の走行距離:123.96km
Time on bike / 走行時間:8h 09m
Average speed / 平均速度:15.2km/h
Total distance to date / 現在までの積算距離:1313km

朝はまた生のインスタントヌードル(お湯にわかず、そのまま食べる)。本当に嫌になってきた、このインスタント味。でも、天気は素晴らしい。完ぺきな青空で、風がない。

午前中の道路の状況がひどくて、今日の最初の30kmは道路の横に走っていた農道に走っていました。そのほうが凸凹がなかったほど主な道路がひどかったです。

Dry ground between Balguntay and Narat, western China / 乾燥している土地 - バルグンタイ町とナラット町の間(中国)

この4日間と同じようで、お昼は同じ辛い面でした。材料は生辛し、玉ねぎ、牛肉または羊肉。面が重くて、食べにくい。なかなか腹いっぱいまでまではたべられない。

お昼を食べたあと、やっと念願の道路、218号線と合流しました。そこで問題発生。道路は通行止めとなっていました。大きな看板がその事実をしらせていました。自転車なら大丈夫だろうとおもいながら看板をこそっと通り抜けました。

通行止めにするほど道路の状況は悪くありませんでしたが、道路の建設があっちこっち行われていました。そしてまた坂がきつくて、ペースが遅かった。2時間後に標高3100mの峠に着きました。

Another unexpected pass between Balguntay and Narat, western China - this one 3100m / 期待していなかった峠第2目(こいつが3100m) - バルグンタイ町とナラット町の間(中国)

この2日間は広い谷に走行していたが、峠を超して向う側に降りてたら狭くて青々な谷に入りました。馬と羊と牛とやぎが一緒に牧草を歩いていて、天地のような雰囲気でした。その雰囲気がすぐにわりましたが。野良犬がどこかからでてきて、しばらく吠えついてきました。

Log cabins with grass roofs near Narat, western China / ログキャビン - ナラット町付近

夜7時半になったら小さな町に着いて、よるご飯(本当のお米!)を食べました。ナラテイア町が60km先ということを知ったら、夕方までにおもいきって行こうと決めました。ずっと下り坂だから、もしかしたら着けるかなと思っていましたが、道路に凸凹が多いことと日の光が落ちていたことで必要な平均速度の30km/hができなくて、結局ナラテイア町から離れて15kmのところにテントを張って泊まりました。

今テントを張っているところに関しては、実はこれは人の土地です。最初に僕がやってきたときに、持主のおばさんは、<ここでてんとをはるんだったら、50げんをいただきます>といっていました。ふつうのほてるが50げんなのに、てんとをはるばしょも50げん?

それはむりです。とわたしがこたえました。20げんならOKだよ、とわたしがいってみました。

もちぬしのおばさんがちょっとふきげんなかおをしましたが、けっきょく20げんでとまらせてくれました。それでもたかすぎますけどね。

   permalink  

どうぞコメントを書いてください

双ートにメッセージを書く

* 必須項目


*


*


メッセージ: