Day 86 – Back to Ishkahim via Bibi Fatima Hot Spring (English Summary)


English Summary: The police beat up two guys last night on suspision of stealing my camera. They didn’t find the camera, so have decided to give me $300 as a guarantee until they find it. Once they find it, they will send it to me. Once I receive the camera, I send back the $300. I tried to explain the flaws in this plan, but no one understood. Went to a hot spring on the way home.

結局カメラの行方はまだ不明です。しかし昨日のinvestigtionは厳しかったみたいです。話によると、警察は何人かを疑って捕まって、殴ったらしい。結局その人たちは違いました。そのような暴力行為はあり?この国の警察は危ない。

そして警察はカメラを見つけることができなかったことに対して、警察はあることに決めました。「ロバート、あなたにカメラの価値の$300をあなたにあげます。私たちがカメラを見つけるまで、そのお金をもてっててください。カメラが見つかったら、私たちはカメラをあなたに送ります。あなたがカメラを受け取ったら、そのお金を私たちに返してください。明日お金の送り先を教えますから。」

ちょっとだけでも考えたら、そのアイディアにflawsがありますね。しかし僕はロシア語が話せないので何も言えませんでした。「OK」しかいえませんでした。

ヴァラング村とイシュカシム町の間に、ビビファチア温泉と言うところがあります。道路の本線から8kmほど険しい道で山を登ったところにあります。一緒にいた警察官たちは「あなたを世界一番気持ちいい温泉につれていきます!」といって、みんなで温泉に行きました。確かに気持ちよったです。

On the way up to Bibi Fatima hotspring in Yamchun, Tajikistan / ビビファチマ温泉へ登る途中(タジキスタン、ヤムチュン村)

Yamchun fortress, Tajikistan / ヤムチュン城、タジキスタン

Bibi Fatima hot spring at Yamchun, Tajikistan / ビビファチマ温泉(タジキスタン、ヤムチュン村)

イシュカシム町についたのは午後5時半でしたので、また明日警察に行って、最後の閉めをするらしいです(お金の引渡しなど)。


Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2 thoughts on “Day 86 – Back to Ishkahim via Bibi Fatima Hot Spring (English Summary)

  • Aunty Jenny

    Far out Rob, you look like the wild man of Borneo!!! I can't believe how long your beard has grown! I was thinking how much you will find you have changed by the time you reach your destination. No one can go through the kind of stuff you have gone through and not be changed by it, and by that I mean emotionally and spiritually. Have you noticed that in yourself?

  • Rob Thomson Post author

    Aunty Jenny, I think that these challenges have given me much more confidence in my ability to perservere and to make sound decisions under pressure. As a person I don't think I've changed all that much. Much more aware of my limits perhaps…